MENU

モビットの審査基準や金利を知る

モビットのキャッシングを利用するためには審査に通る必要がありますが、審査を受ける際に気になるのが基準や時間です。申し込みをしてもモビットの審査基準に満たないとキャッシングの利用が出来ず、お金は借りられません。

 

申し込みをしてから審査の結果が分かるまでの審査時間も気になるところですので、モビットの審査を受ける前には基準や時間、合わせて基本となる金利や限度額についてもしっかりと見ておきましょう。

 

モビットの審査基準や時間の基本情報

審査基準
(申込条件)
満20歳~69歳までの安定した収入のある方(アルバイトやパートの方でも、モビットの基準を満たせば利用可能です)
審査時間 10秒簡易審査
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 1万円~800万円

 

9時~21時(オペレーター対応)

 

優れるモビットのキャッシング

モビットの金利や限度額は、他の消費者金融と比べても優れた水準となっています。実質年率の3.0%~18.0%、限度額の1万円~800万円の貸付条件は、大手消費者金融アコムの4.7%~18.0%、1万円~500万円と比べても優れています。

 

モビットの審査基準は次の二つの部分が大きくなります。

 

  • 満20歳~69歳までの年齢
  • 安定した収入がある勤務状況

 

年齢と収入は審査基準を満たす上で必ずクリアをしなければならない項目で、年齢が範囲外となる方や安定した収入が無い方は、モビットの審査基準をクリアできない、つまりモビットのキャッシングが利用できないことになります。

 

上記の審査基準は最低限の項目であるため、年齢と収入条件を満たしていればモビットの審査に通るといったわけではありません。その他にも多くの審査の基準がありますので、以下の点にも注意をしておきましょう。

 

  • 他社での借り入れが多すぎない
  • 他社の返済が遅れていない
  • 複数の業者に同時申し込みをしていない
  • 過去に返済のトラブルを起こしていない
  • 虚偽やミスの内容で申し込まない

 

モビットのキャッシングは、年収の3分の1までに借り入れが制限される総量規制の対象となります。他社の利用が多すぎる方、年収の3分の1を超えるキャッシングの利用がある方は、モビットの審査基準を満たせません。

 

他社利用中の方は返済状況にも注意が必要で、モビットの申し込みをする段階で他社の返済期日を過ぎて入金をしていないなどの遅れ、約定返済額に届かない不足での入金となっている場合には、やはりモビットの審査基準は満たせません。

 

その他、モビット以外に同時に申し込みをしたり、審査に通りたいからと虚偽の入力や焦って申し込みをしてしまってミスが目立つ場合には、審査に悪影響が出てしまいます。

 

モビットに限らず、どの消費者金融でも銀行でも審査基準を全て明らかにしているわけではありませんが、これまでの審査の傾向から考えると、上に挙げた項目に引っかかってしまう方は審査に通ることはほぼ無いと考えてください。

 

通りもしない審査を受けたところでデメリットしかなく、「申し込んでみなきゃ分からない」と見込みのない審査を受けてしまうと、今後の借り入れも出来なくなる可能性すらもあります。審査はまずは不利にならないように受けなければなりませんので、よく考えて申し込みを進めてください。

 

安定した収入の条件に注意

年齢の条件については説明も不要ですが、収入に関しては勘違いをしている方も多いのでしっかりと確認をしておきましょう。

 

モビットの審査基準、利用条件には「安定した収入を得ている方」があり、アルバイトでもパートでも良いので、自身で継続する安定した収入を持っていなければなりません。配偶者の収入のみとなる専業主婦の方、収入が不安定な方ではモビットの審査基準は満たせません。

 

その他、以下に該当する場合も収入が安定しているとは言えませんので、審査落ちとなる可能性が高いです。

 

  • 派遣先が安定しない日雇い派遣者
  • 給与所得以外の不規則な収入
  • 実態のない自営業

 

キャッシングの返済は数日後に完済をして終わりといったものではなく、多くの方は一定の期間をかけて分割で返済をしていきます。そのため、収入は得ていれば良いというものではなく、安定していなければなりません。

 

今は収入があっても今後はどうなるか分からないイベントスタッフなどの日雇いの派遣、正社員や公務員、アルバイトでもパートでもなく、投資などの不安定な収入で生計を立てている方、本当に営業をしているのか分からない自営業などの場合には安定した収入とは認められない場合が多いです。

 

派遣の場合と近い内容となりますが、勤務先の特定ができない場合も今後の収入が継続するかが疑わしいため、やはりモビットの審査には通らない場合が多いのです。

 

アルバイトやパートでもOK

安定した収入とは、何も正社員や公務員としての所得だけを指すわけではありません。年齢条件を満たしていれば学生の方でもアルバイトの安定収入により利用が可能となりますので、収入の大小よりもいかに安定しているかが重要となります。

 

いくら多くの収入があるとしても不安定では審査に通りづらく、逆に収入がそこまで多くなくても安定していれば、審査基準を満たせる可能性があります。

 

モビットで借りるまでの流れ

モビットの申し込みはネットで行えますが、手続きの進め方が二通りあります。どちらも来店不要で契約まで行えますので、利用の仕方や条件によって選ぶと良いでしょう。

 

通常のWeb申し込み

ネットで申し込み後に来店不要で契約をするか、またはネット申し込み後に近くのモビットのローン申込機まで行き、直接カードを受け取る手続きとなります。振り込み融資の場合には14:50までの手続き完了で最短即日利用も可能ですが、審査結果によってはご希望に添えない場合もあります。

 

Web完結での申し込み

Web完結は文字通りWeb上で手続きが完結する申し込みとなり、電話や郵送物が不要となる特殊な手続き方法です。会社への電話連絡もありませんので、キャッシング申し込みの際の会社への電話が困ると考える方は、モビットの電話不要となるWeb完結の申し込みが良いでしょう。

 

どちらもモビットの公式サイトから申し込みを行えますが、Web申し込みとWeb完結ではフォームが別となります。利用をする手続き方法で進めるよう、よく確認をしてください。

 

通常のWeb申し込みの利点

来店不要での契約ももちろん可能ですが、急ぎで借りたい場合にはネット申し込み後にモビットのローン申込機が利用できるのがポイントです。モビットのローン申込機は土日でも営業をしているため、ネットで申し込みを済ませた後に足を運べば、振り込み融資では対応ができない時間や曜日でも、契約をしてお金が借りられるようにもなります。

 

Web完結の利点

Web完結は電話不要となるのが大きなメリットで、申し込みをする際の会社への電話連絡がありません。また、Web完結は銀行振り込みでの融資と口座引き落としでの返済となり、カードレスのキャッシングとなるためにモビットからの郵送物もありません。電話不要、郵送物不要となるWeb完結は、内緒で借りたい方でも安心です。

 

Web完結で注意したい点

利点が多いモビットのWeb完結ですが、注意をすべきは必要な書類や条件のハードルが多く高くなっている点です。利用条件に達しない場合にはWeb完結での申し込みができず、通常のWeb申し込みでの手続きとなります。

 

Web申し込みと共通をする必要書類である本人確認書類と所得証明書類を除くと、Web完結ではそれらに加えて以下の条件を満たす必要があります。

 

  • 三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座が必要
  • 社会保険証、または組合保険証が必要

※ 収入証明書類に関しては通常のWeb申し込みでも必要となりますが、Web完結では提出をする内容によっては複数の用意が必要となる場合があります。

 

モビットのWeb完結は専用のローンカードが発行されないカードレスのキャッシングサービスであり、銀行振り込みによる借り入れと引き落としによる返済を行います。そのための口座が必要となりますので、指定の何れかの銀行口座を開設済みでなければなりません。

 

また、勤務先に電話連絡をしないWeb完結では、電話以外による確認をします。勤務先が発行する社会保険証や組合保険証、直近2か月分の給与明細(直近1年分の賞与明細もあるとスムーズです)か、勤務先が発行する源泉徴収票などの書類を用意する必要があります。

 

アルバイトやパートの方ではなかなか条件が満たしづらい部分もありますが、銀行口座を開設済みで社会保険に加入している、必要な書類も用意できるのであれば、Web完結での申し込みも可能です。

 

様々な状況によっては電話が入る

電話不要のWeb完結は、特に手続きに問題がなければ申し込み者本人にも電話はかかってきません。しかし、入力内容の不備や確認事項がある場合には、本人の携帯電話宛に連絡が入る可能性があります。

 

また、契約後の利用状況によっても電話がかかる場合があります。例えば期日を過ぎても返済がされていない場合などで、主に返済に関するトラブルでは電話が入ることとなります。

 

返済日から遅れるとしてもしっかりと連絡を入れておき、相談をした期日に返済をすれば余計な連絡は入りませんので、出費が重なるなどして返済期日までに間に合わない場合には、必ず連絡をして相談をするようにしてください。

 

モビットのキャッシングを計画的に使う

モビットは借り入れ残高によって毎月の返済金額が変わるため、限度額が大きいとしても少額の利用に留めておけば最低返済金額は大きくなりません。

 

毎月の最低返済額が少なければ余裕がある月には上乗せをしての返済、余裕がないときには最低額だけの入金ができるので、無理のないプランで返済が進められます。

 

借りたお金は利息をつけて返済をしなければならず、キャッシングの利息はモビットに限らずどこでも決して安いものではありません。借りる前にしっかりとシミュレーションをし、無理のない返済計画となるようにキャッシングを利用しなければならないのです。